妻に精神疾患があり、離婚と離婚後の扶養が問題になった事例

事案の経緯

性格の不一致により別居したが、妻が精神疾患を発病し、離婚意思と離婚後の扶養が問題となった。

 

争点

離婚、離婚後の扶養

 

解決のポイント

妻の精神疾患の状態から意思能力、訴訟能力に問題があった。裁判所を通じての調査の結果、訴訟能力はあるという結論になるも、妻の離婚意思がはっきりしない状態だった。

そこで、離婚後の扶養を視野に入れ整理を行い、状態の回復を待って離婚を成立させることができた。

 

The following two tabs change content below.

弁護士法人アイリス

当サイトをご覧いただきありがとうございます。弁護士法人アイリスは、地元大阪の枚方・茨木の地域密着の事務所です。地域の皆様が相談後に「もっと早く相談に来ればよかった」「これから何をすべきか分かった」と明るく前向きな気持ちになって帰っていただけるよう、気持ちに寄り添うアドバイスを心がけています。お子様がいらっしゃる方、お仕事をされている方、お身体が不自由な方にもお気軽にお越しいただけるような、地域に密着した事務所でありたいとの願いから枚方・茨木に事務所を構えています。 お一人でお悩みを抱えずに、まずはお気軽にご相談ください。

解決事例の最新記事