早期に離婚したいという依頼者の意向により協議段階から交渉を受任し、早期に離婚することに成功した事例

事案の経緯

性格の不一致が結婚後強くなり、結婚1年で別居に至った。夫は離婚するかをはっきりさせず、会って話をしたいの一点張りで、依頼者から話をすることが困難になった。

争点

夫が離婚の意思がはっきりしないこと、離婚原因が乏しいこと

解決のポイント

協議の早い段階から依頼されたことがポイントでした。依頼者と相手の意思を確認し、夫が何にこだわっているかを明らかにすることで、離婚に向けた話し合いを一気に進めることが出来ました。

また、依頼者も状況を理解し、弁護士からの意向確認や、手続などをスピーディーに行ってくれたことも、相手を離婚へと導く要因になりました。

受任から解決までが非常に早く終わった案件です。

The following two tabs change content below.

弁護士法人アイリス

当サイトをご覧いただきありがとうございます。弁護士法人アイリスは、地元大阪の枚方・茨木の地域密着の事務所です。地域の皆様が相談後に「もっと早く相談に来ればよかった」「これから何をすべきか分かった」と明るく前向きな気持ちになって帰っていただけるよう、気持ちに寄り添うアドバイスを心がけています。お子様がいらっしゃる方、お仕事をされている方、お身体が不自由な方にもお気軽にお越しいただけるような、地域に密着した事務所でありたいとの願いから枚方・茨木に事務所を構えています。 お一人でお悩みを抱えずに、まずはお気軽にご相談ください。

解決事例の最新記事