夫のモラハラで慰謝料400万円を獲得した事例

事案の経緯

専業主婦だった妻が結婚後10年近くにわたって夫からモラハラを受け続けたことから、妻としては慰謝料の支払いを受けたうえで離婚をしたいとのご依頼を頂きました。

争点

長年のモラハラを原因とする慰謝料請求とその額

解決のポイント

直ぐに、夫との別居を開始するようご提案。別居後、直ぐに夫に対し離婚調停と婚姻費用分担調停を申し立てました。

当初夫はモラハラを否定し、復縁を希望していました。そこで、どれだけ酷いモラハラを受けてきたのかを丁寧に調停委員に説明し、妻側の気持ちと離婚に向けた決意をご理解いただき、夫側に辛抱強く説得をしてもらうことで、モラハラの事例としては極めて高額の慰謝料を獲得したうえで調停離婚を成立させることが出来ました。

The following two tabs change content below.

弁護士法人アイリス

当サイトをご覧いただきありがとうございます。弁護士法人アイリスは、地元大阪の枚方・茨木の地域密着の事務所です。地域の皆様が相談後に「もっと早く相談に来ればよかった」「これから何をすべきか分かった」と明るく前向きな気持ちになって帰っていただけるよう、気持ちに寄り添うアドバイスを心がけています。お子様がいらっしゃる方、お仕事をされている方、お身体が不自由な方にもお気軽にお越しいただけるような、地域に密着した事務所でありたいとの願いから枚方・茨木に事務所を構えています。 お一人でお悩みを抱えずに、まずはお気軽にご相談ください。

解決事例の最新記事