解決事例

離婚・慰謝料・財産分与に関する解決実績です。

夫からDVを受けていたが、夫の下から抜け出すことができない状態が継続していた事例

事案の経緯 夫からDVを受けていたが、夫の下から抜け出すことができない状態が継続していた事案   争点 離婚、DV   解決のポイント DV特有の精神状態に追い込まれ、両親が説得をしても、夫の下から抜け出そうとしませんでした。 まずはご両親が相談に来られ、すぐに警察への相談、夫のいない間に本人と一緒に事務所に来るようにしました。本人と話をして説得し、 続きを読む >>

アルコール依存症で話し合いができない夫と協議離婚した事例

事案の経緯 夫がアルコール依存症で、別居を開始するも話し合いが困難な状況だった。   争点 離婚、養育費   解決のポイント 夫がアルコール依存症で話し合いが難しく、離婚そのものも難しい状況だった。調停から訴訟も見据えていたが、その前提として、夫に条件を伝え、何度も話し合いを繰り返した結果、離婚に意思が向かい始めたため、最終の通告と長期化するデメリットを伝 続きを読む >>

夫のモラハラを長年我慢してきたが、依頼者が鬱症状になり、別居し離婚を決意した事例

事案の経緯 夫のモラハラを長年我慢してきたが、依頼者が鬱症状になり、別居し離婚を決意した事案 争点 離婚、財産分与   解決のポイント モラハラ夫だったため、当事者で同士での話し合いが困難な状況で、妻に対する嫌がらせをしたいという傾向があり、離婚自体を拒否している状況だった。 そこで、財産分与があり、不動産を妻側が所有し、代償金を支払うという意向だったため、夫に離婚 続きを読む >>

財産分与の財産評価、扶養的財産分与、慰謝料が争いになった事例

事案の経緯 婚姻期間が長く、財産分与の対象財産が多く、妻側から扶養的財産分与、慰謝料の請求があった。   争点 財産分与、扶養的財産分与、慰謝料   解決のポイント 調停途中から受任したが、受任時点で調停が長期化し、争点の整理がついていない状況だった。 そこで、財産分与の対象財産の特定、評価を先行させ、個別の論点の主張をその後に行い、争点の整理を急い 続きを読む >>

妻に精神疾患があり、離婚と離婚後の扶養が問題になった事例

事案の経緯 性格の不一致により別居したが、妻が精神疾患を発病し、離婚意思と離婚後の扶養が問題となった。   争点 離婚、離婚後の扶養   解決のポイント 妻の精神疾患の状態から意思能力、訴訟能力に問題があった。裁判所を通じての調査の結果、訴訟能力はあるという結論になるも、妻の離婚意思がはっきりしない状態だった。 そこで、離婚後の扶養を視野に入れ整理を 続きを読む >>

離婚そのものに争いのあった事例

事案の経緯 夫のモラハラから別居を開始するも、夫が離婚を拒否していた。   争点 離婚   解決のポイント 当事者同士で感情的な対立があり、離婚自体の話し合いもまともにできていないという印象だった。夫は妻からいわれて離婚するのが嫌だという意思があるように見えたので、すぐに調停を申し立て、婚姻費用調停もあわせて行った。 夫は、婚姻費用の支払が長引くこと 続きを読む >>

財産分与の評価、扶養的財産分与、慰謝料に争いのあった事例

事案の経緯 夫の不貞行為から別居を開始した。 婚姻費用、養育費、慰謝料に争いがあった。   争点 婚姻費用・養育費、慰謝料   解決のポイント 夫の職業が安定せず、婚姻費用、養育費の金額が定まらず、慰謝料の支払いも困難だった。 実際の収入状況を立証し、婚姻費用、養育費の金額を合意し、婚姻費用の未払い分を慰謝料 に解消することにより合意に至 続きを読む >>

婚姻費用・養育費の基準に争いのあった事例

事案の経緯 性格の不一致により別居を開始したが、婚姻費用、養育費の基準に争いがあった。   争点 婚姻費用・養育費の基礎収入   解決のポイント 夫が個人事業主で収入がはっきりしなかったため、婚姻費用・養育費の基礎収入の認定が困難だった。過去の収支状況から現在の経営状態、見通しを丁寧に立証することにより、双方の合意を得ることができた。 続きを読む >>

財産分与の方法、年金分割に争いのあった事例

事案の経緯 夫のモラハラが酷く、長期間我慢の末に別居。別居後長期間経過後に離婚調停を申し立てるに至った。   争点 財産分与、年金分割   解決のポイント 別居後長期間が経過していたため、夫が財産分与を当初拒否しており、年金分割も割合の修 正を求めていました。 最終的に財産分与については不動産を売却し、2分の1にすること、年金分割については、 続きを読む >>

離婚後に不貞行為が発覚し、200万円の請求をされ、50万円で示談した事例。

事案の経緯 既婚者と不貞関係にあったが、発覚することなく相手が離婚したが、相手の婚姻中に妊娠しており、不貞行為が離婚後に発覚し、慰謝料を請求された。 争点 不貞行為と離婚の因果関係 解決のポイント 離婚後に不貞行為が発覚し、慰謝料を請求された事案で、不貞があったから離婚したのではありませんでした。 しかし、婚姻中に妊娠まで至っていたのは確かで、相手と再婚していました。事案の特徴からでき 続きを読む >>