離婚問題を弁護士に依頼するメリット

「離婚問題を弁護士に依頼するメリットは?」

「どの弁護士に依頼すればいいか分からない。」

弁護士法人アイリスでは多くの離婚問題を受けてきましたが、多くの人からこのような相談をされます。

そこで、以下、皆様の疑問について記載いたしますので、参考にしていただければと思います。

 

1 離婚問題を弁護士に依頼するメリットはどこにあるのか?

離婚が問題となった場合、多くの法律問題があります。

その中で特に問題となるのが以下のものです。

①そもそも離婚が認められるのか?(離婚原因は法律で決められています)

②子どもの親権者はどうなるのか?

③親権者が決まったとしても、養育費はいくらが適正なのか?

④親権者でない方の面会交流はどうすればいいのか?

⑤離婚するとして財産分与はどうすればいいのか?

⑥離婚の際に慰謝料が発生するのか?

⑦年金分割はどうすればいいのか?

⑧離婚までの生活費(婚姻費用)はどうなるのか?

大きく分けると、離婚そのものと、離婚に伴う条件をどうするか、そして、条件は、子どもに関することと、お金に関することに分かれます。

これらの法律問題はケースによって、様々な形で現れてきます。

このように法律問題が多様に絡まり合う離婚問題には法的知識が不可欠です。そして、そもそも弁護士は、法律の専門家であり、これらの法律問題に適切な対応をすることが可能です。

協議離婚における交渉はもちろんですが、特に離婚調停・離婚訴訟において代理権があるのは弁護士だけです。

弁護士に依頼すれば、法的知識、調停・訴訟の経験に基づき、先の見通しをたてながら、戦略的に方針を立てていくことが可能になります。

2 弁護士に依頼するメリットの具体例

弁護士に依頼するメリットは、上で書いたとおりです。

具体的な場面でどのようなメリットがあるのかをいくつかご紹介します。

①離婚調停の場合

調停は、当事者間で話し合いがまとまらない場合に家庭裁判所に申立を行い裁判所で話し合いをする手続です。
調停では、男性と女性の調停委員が双方の話を聞きながら進めていきます。
調停を進めていくには法的知識が不可欠です。調停では離婚そのものが争いになっている場合、その他の条件が争いになっている場合があります。

これらの問題を自分に有利に進めていこうと思ってもなかなか自分だけでは上手くできません法的知識に加えて、それを調停でどのように主張していくのかを考えていかなければなりません。

そして、注意が必要なのは、調停委員は決して味方ではないということです。

調停を自分で行っている場合に相談に来られる方で一番多くおっしゃるのは、調停委員が自分の話を聞いてくれない、調停委員が相手の見方をしているという相談です。裁判所が一方の味方をしているというわけではなくても、調停を成立させようと説得してくる場面は多くあります。弁護士が入っていないと特によく分からないまま話を進めて行ってしまうことがあります。

実際に調停が終わってから相談に来られた方で、かなり不利な条件で離婚を成立させていたり、必要な条件が抜け落ちているようなケースもあります。

他には相手が弁護士を入れた場合に、対応ができないというケースも多くあります。

 

調停は、裁判所で行うという点で、話を進めやすいというメリットはありますが、弁護士を入れていないと、よく分からないままに進んでしまいます。

弁護士に依頼することにより、不利な条件で進むことを避けることができ、状況に応じた主張、先の見通し、法的に正しいかどうかの疑問の解消もできます。

②離婚が争いになっている場合

夫婦の一方が離婚を争っている場合、そもそも法的に離婚が可能な事情があるのかどうかの判断が必要になります。離婚原因は法律に定めがありますが、その判断は難しく、必ずしも離婚原因があるとはいえないときにどのように進めていくかを検討しなければなりません

この場合には、調停から訴訟に移行することも視野に入れて進めなければならず、自分だけで進めていくことは非常に難しいでしょう。

③財産分与が争いになっている場合

財産分与は夫婦が共同で築いた財産を離婚の時に精算するというものです。

財産分与では、

そもそも財産分与の対象になる財産なのかどうか、

どのように計算すればいいのか、

いつの時点の財産をどのように分ければいいのか、

住宅ローンや借金などのマイナスの財産はどうなるのか、

など難しい問題が多数含まれています。

財産分与の対象になる財産だと気がつかないというケースもよくあり、注意が必要です。

他に多くあるのが、財産を隠したり、第三者に渡してしまったりすることです。この場合には財産の保全という手続や、そもそも夫婦の財産であることの立証が必要になります。これらの作業は自分だけで行うのは難しいでしょう。

また、財産分与の進め方は一定のやり方に従って、進めていくことが裁判所では通常ですが、これは法的知識がなければなかなかうまく対応できないでしょう。

財産分与を弁護士に依頼するメリットについて詳しくはこちら>>

 

④慰謝料が争いになっている場合

慰謝料が問題になる場合は、不貞行為であったり、暴力であったり、様々なケースがあります。

そもそも、慰謝料が発生するのかどうか、慰謝料が発生するとして、金額は妥当なのか、離婚やその他の条件との関係で慰謝料をどのように扱っていくのか等、単純に慰謝料といっても、立証の問題から、離婚における扱い方をどうするなど、見通しを立てながら検討していきます。法的知識に加えて、豊富な経験が必要になります。

不倫の慰謝料を請求したい方はこちら>>

不倫の慰謝料を請求された方はこちら>>

3 弁護士法人アイリスに相談・依頼するメリット

離婚の問題は、弁護士に相談・依頼すべきです。

では、どの弁護士に依頼すべきなのでしょうか?

弁護士法人アイリスの離婚問題についての特徴をご説明します。

①豊富な相談実績・解決実績

弁護士であれば、一定の法的知識はあるでしょう。しかし、離婚問題は法的知識に加えて、夫婦家族の問題という特徴が有り、豊富な経験がなければ、法的知識だけでは解決できません。

また、その法的知識も、どのように使うのかも経験が必要です。離婚問題は、非常に専門性が高い領域といえます。

弁護士法人アイリスでは、離婚問題だけで年間300件以上の相談実績があります。最近ではますます離婚の相談が増えており、300件ではとどまらない相談件数になっています。
そして、その中からご依頼を受け、解決してきた案件も膨大な数になります。

②状況に応じた適切なアドバイス

離婚には、様々な段階があり、また依頼者それぞれのおかれた状況は千差万別です。協議前の段階なのか、同居しているのか、別居しているのか、子どものこと、財産のこと、離婚原因は何か、証拠は何が揃っているのかなど。

これらの状況に応じて、どのような証拠を揃えていくのかなど、何が問題になっているかで初動が変わってきます。

離婚をどのタイミングで切り出すのか、そのためには事前にどのような準備をしておくのか、先の見通しを視野にいれつつ決定する必要があります。

弁護士法人アイリスでは、常に先の見通しを視野に入れたアドバイスをします。

③離婚だけにとどまらない視点

離婚の法的問題だけを考えていては、真に依頼者のみらいのことを考えているとはいえません。

たとえば、子どもがいる家族の離婚が問題となったとき、子どもを養育する側の将来の生活をどのように考えるか、子どもの学校、今後の教育をどうするかなどは常に考えなければなりません。

このような視点を持つことにより、依頼者のみらいまで考えた離婚問題の解決をすることが可能になります。

④常に依頼者目線であること

弁護士法人アイリスの弁護士は、常に依頼者目線で考え、依頼者に寄り添うことを忘れません。
離婚の問題は、これからのことを考えるだけで大変なのに、さらに難しい法的問題があり、相談に来られる方は強い不安を抱えています。

その不安を解消する必要があります。単に法的知識だけを話すだけでは、皆様の悩みを解決することは出来ません。

実際に弁護士に相談に行ったが、話を聞いてくれない、淡々と法律的なことを話すだけだったと言う相談者の方も多くいます。

弁護士法人アイリスでは、事件処理方針として、依頼者目線に立ちながら、状況に応じた方針を決定し、依頼者の満足のいく「みらい」のために離婚問題を解決していきます。

離婚問題にお悩みの方は、まずは相談されることをおすすめします。

相談することにより、自分の置かれた状況、法的な視点を入れた今後の方針
を考えること出来ます。
弁護士に相談することに不安があるという方も多くいらっしゃいます。

弁護士法人アイリスの弁護士は、

離婚問題の解決に向けてどのようにすればいいか、

依頼者に取って何が最良か、

そして依頼者がどのような思いを抱いているのかを常に考えること

を事件処理方針としています。

毎月、枚方市、茨木市、高槻市の3事務所で離婚に特化した専門相談を1時間無料で行い、弁護士に相談しやすいようにしています。
相談は、お電話をいただくか、ホームページからの問い合わせ、LINEでも問い合わせ可能にしていますので、まずはご連絡ください。

PAGETOP