離婚が子どもに与える影響と対策

(1)離婚が子どもに与える影響は少なからずあります。

具体的には、

①父親がいなくなって寂しい思いを抱える

……子どもにとっては父親であることは事実

②子どもが情緒不安定になる

……以前に比べてひとり親世帯は多くなり、そのこと自体でいじめられたりということは少なくなりました。

しかし、子どもにとっては周囲に話すことがためらわれたりして、周りと壁を作ったり、情緒不安定になったりします。

③親に気を遣う

……子どもは思ったよりも、親のことを見ており、気を遣うことがあります。親に気を遣い、

言いたいこともいえないストレスを抱えてしまいます。

(2)子どもの心のケア

上記のように離婚は子どもに少なからず影響を与えます。

離婚後は、子どもの心のケアを欠かさないようにしてください。

子どもへの対応の仕方は子どもの年齢に応じて対応しましょう。

まだ、赤ちゃんであれば、愛情を注いで育ててください。生活のことなどでストレスもあるでしょ

うが、それを表に出さないことが重要です。離婚後の生活が不安な方へでも書いていますが、子育

ての面で両親や親族の助け、相談だけでもいいのでしてみてください。

ある程度、物事の理解ができる年齢になってきている場合は注意が必要です。離婚についての理解

がどの程度あるかにもよりますが、母親が子どもに自分の考えを言ってしまうと、子どもはそれに

合わせるようになり、気を遣うようになります。子どもなりに母親のことを考えてのことですが、

それが子どもの心に影響を与えることもよく言われるところです。子どもが考えていることを素直

に話させ、否定せず向き合うことが重要です。

子どもが中高生になってくると、離婚については理解しているでしょうし、むしろ、子どもの成長

に応じて話し合うことが必要です。オブラートに包まなければいけない場合もありますが、真摯に

向き合って話をするようにしてください。

(3)最後に

家庭の問題は子どもに影響を与えます。

離婚した場合は、離婚特有の影響があります。

しかし、子どもの状況を見て、しっかりと受け止め、愛情を注いでいけば

その影響も大きなものではありません。

もし、離婚と子どもの影響を考えて悩まれているのであれば、当事務所ま

でご相談ください。全力でサポートいたします。