子供の離婚問題に悩むお父さま・お母さま

1 子どもの離婚に悩むお父様・お母様へ

もう結婚して大人なのだから親が悩むのも・・・と考えておられませんか?

当事務所の相談では、ご両親から子どもの離婚について問い合わせがあることが非常に多くあります。

実際、おかしなことではありません。子どもが離婚するとなれば、離婚後の生活支援、親権を取得した場合は、養育の補助などが必要になります。その支援・補助の中心的役割を担うのはご両親です。

また、大人であっても、子どものことを一番よく知っているのは両親であり、一番心配するのも両親でしょう。

子どもにとっても両親が味方をしてくれていることは、離婚問題に向き合い、不安な心情になっているときの大きな助けになります。

2 まず確認すべきこと

子どもが家庭の問題に悩んでいる際にまずは、何を不安に思っているのかを聞いてあげてください。

離婚するのか、しないのか、今後どうすべきかなど、考えることが多く、前に進めなくなっていることが多くあります。

法的な問題だけでなく、離婚後の生活の悩みなども含めて私たち弁護士がお力添えをしていきます。

しかし、当事者の抱える大きな不安は、ご両親が聞き、寄り添うことで大きな安心を得られます。

まずは、本人の不安を聞き、その上で今後どうすべきかを一緒に考えてください。

3 弁護士に相談するにあたって

私たちがご相談を受け、今後の方針を決定していくには、当事者の意思が最重要です。

何よりも確認する必要があるのは、離婚する意思があるかです。離婚で心が決まっているのであれば、相手がどのような対応をしているのか、離婚に当たって決めるべき条件として何があるのかなどを、それぞれの事情に即して、考えていきます。

また、離婚の意思が決まらないというときでも、離婚はしたいが踏み切れないのか、離婚自体をしたくないのか等、抱えている事情次第で方向性が違います。このような場合でも、本人がどのような悩みを抱いているかを確認しておいてください。

そして、親としてどのように関わっていく予定なのかを考えてください。

弁護士法人アイリスでは、過去に多くの離婚を取り扱っており、その経験に基づいて、それぞれの事情を丁寧に聞いた上で適切なアドバイスをいたします。

4 両親が一緒に対応せざるを得ないケース

(1)子どもの養育・生活

 

離婚にあたって、子どもが親権を取得したい場合、養育監護の補助者として、ご両親の助けは必須と言っていいでしょう。
親権を取った後のことは大きな悩みの一つです。
経済的な援助という側面もありますが、働きながらシングルマザー、シングルファーザーとして、子の養育をしていくのは大変なことです。少しの時間でも子どもの面倒を見てくれるだけでも大きな支えになります。
そして、離婚の際に親権が争いになる場合は、離婚後の子の養育環境を整え、具体的に裁判所で主張していかなければなりません。ご両親にも陳述書という書面を提出してもらうなどしてもらいます。
このようなケースでは、両親も子どもの離婚問題に関わっていくことになります。

(2)DV・モラハラなどのケース

配偶者から暴力を受けているようなケースでは、子どもを暴力から守る必要があります。実家に連れ帰る等の措置が必要で、接近禁止命令などの検討も必要です。モラハラでも精神的に追い詰められ、正常な判断ができなくなっているケースが多く、両親の介入が必要になります。

ここで注意が必要なのは、DV、モラハラは本人が、自分が悪いと思い込んだりしていて、配偶者の下にとどまろうとすることが多くあることです。このような場合はよく話して状況を把握し、警察への相談、そしてすぐに弁護士に相談してください。メンタルケアなども必要になることがあり、ご両親の協力は不可欠です。

(3)生活費をもらえない場合

夫から生活費を渡してもらえず、別居したとしても生活がままならないため、家に止まらざるを得ない場合にも、ご両親の協力は不可欠です。

実家に戻るという選択をする場合はもちろん、別に部屋を賃貸して生活するにしても、引っ越し費用、当面の生活費をどうするかという問題に直面します。

このような場合にご両親の協力を得なれなければ、進退両難の状況に陥ってしまします。
すぐに弁護士に依頼して婚姻費用調停を申し立てる必要がありますが、事前にスケジュールを組み立て、生活の段取りをしておく必要があります。そのためにも早めに弁護士に相談いただき、今後の方針を一緒に決めていくのがいいでしょう。

5 ご両親の協力を得て解決した事例

①夫からDVを受けており、心配した両親が連れ戻そうとするも、本人が戻ろうとはしませんでした。
悩んだ両親が相談に来られ、夫が離れた隙に子どもをつれて再度来所され、本人と弁護士が話をし、説得を試みた結果、いったんシェルターに避難した上で、本人が落ち着くのを待って実家に戻り、離婚に至りました。

ご両親が早めに相談され対応を協議できたことが早期解決につながりました。

②夫のモラハラがひどく、別居をして離婚したかったが、子どもが小さいこと、実家が遠方であったため、動きがとれない状況でしたが、両親が大阪まで来て、その足で本人と来所されました。
話し合った結果、実家に戻ることに決め、戻る日時、それまでに用意することを話し合い、実家に戻ると同時に離婚調停を申し立て、解決に至りました。

③夫が自分の趣味にお金を使い、十分な生活費を渡さなかったために生活が苦しく借り入れも行っているような状況でした。

子どもが複数いたため、離婚も別居もままならない状況でしたが、ご両親が一緒に来所され、実家近くに部屋を借りて就職できるまでは援助をしていくことにしました。そして、別居の上で離婚調停を申し立て、最終的に裁判までなりましたが、物心両面からご両親の援助を得られたため、最後まで戦うことができました。

④面会が問題になり、離婚全体が進まなくなっていたケースで、面会の実施方法に両親が間に入ることになり、これにより調停が成立。

面会についてお互いが一歩も譲らない状況で、審判が出ましたが、それにも抗告があり、離婚も訴訟に移行していました。
両親が面会の手助けをしてくれることにより、なんとか双方の妥協点を見いだすことができました。

6 弁護士法人アイリスではご両親同席の相談も受けております。

ご両親は離婚の当事者ではありませんが、子どものことを心配し、一緒に動かれること
は当然でしょう。

ご両親の同席を断っている事務所もありますが、弁護士法人アイリスでは、ご両親同席での相談から依頼を受け、多くの案件を解決しております。

まずはご相談ください。

合わせて読みたい
The following two tabs change content below.

弁護士法人アイリス

当サイトをご覧いただきありがとうございます。弁護士法人アイリスは、地元大阪の枚方・茨木の地域密着の事務所です。地域の皆様が相談後に「もっと早く相談に来ればよかった」「これから何をすべきか分かった」と明るく前向きな気持ちになって帰っていただけるよう、気持ちに寄り添うアドバイスを心がけています。お子様がいらっしゃる方、お仕事をされている方、お身体が不自由な方にもお気軽にお越しいただけるような、地域に密着した事務所でありたいとの願いから枚方・茨木に事務所を構えています。 お一人でお悩みを抱えずに、まずはお気軽にご相談ください。

最新記事 by 弁護士法人アイリス (全て見る)