財産分与において財産形成への寄与度が問題となった事例

事案の経緯

いわゆる熟年離婚で、夫が一代で財産を築き上げてきたため、財産分与をどうすべきかが問題となり、相談に来られました。

争点

財産分与の割合

解決のポイント

財産分与は2分の1ずつが原則でそれ以外に修正されることはそれほどありません。

しかし、この事案では夫の才覚に頼るところが大きく、その事実を適切に主張した上、会社関係の資料、証言などを集め、財産分与の割合を2分の1から修正することに成功しました。

The following two tabs change content below.

弁護士法人アイリス

当サイトをご覧いただきありがとうございます。弁護士法人アイリスは、地元大阪の枚方・茨木の地域密着の事務所です。地域の皆様が相談後に「もっと早く相談に来ればよかった」「これから何をすべきか分かった」と明るく前向きな気持ちになって帰っていただけるよう、気持ちに寄り添うアドバイスを心がけています。お子様がいらっしゃる方、お仕事をされている方、お身体が不自由な方にもお気軽にお越しいただけるような、地域に密着した事務所でありたいとの願いから枚方・茨木に事務所を構えています。 お一人でお悩みを抱えずに、まずはお気軽にご相談ください。

解決事例の最新記事