夫のモラハラを原因として調停離婚を成立させた事案

性格の不一致、夫のモラルハラスメント

事案の概要

別居を開始したものの夫が離婚に応じず、別居を解消する調停を申し立てられたものの、妻は離婚を求めて争った

争点

離婚、親権、面会交流、婚姻費用、養育費

解決のポイント

妻が夫と話し合いの末別居を開始しましたが、夫が離婚に応じず別居を解消する調停を申し立てました。

調停では、相手方のモラルハラスメントを訴え、調停委員から相手方を説得してもらうよう調停の進め方を工夫しました。相手方は毎週の面会を希望しましたが、最終的には面会も最低限に留めた内容で調停を成立させることが出来ました。

The following two tabs change content below.

弁護士法人アイリス

当サイトをご覧いただきありがとうございます。弁護士法人アイリスは、地元大阪の枚方・茨木の地域密着の事務所です。地域の皆様が相談後に「もっと早く相談に来ればよかった」「これから何をすべきか分かった」と明るく前向きな気持ちになって帰っていただけるよう、気持ちに寄り添うアドバイスを心がけています。お子様がいらっしゃる方、お仕事をされている方、お身体が不自由な方にもお気軽にお越しいただけるような、地域に密着した事務所でありたいとの願いから枚方・茨木に事務所を構えています。 お一人でお悩みを抱えずに、まずはお気軽にご相談ください。

解決事例の最新記事