看護師のための離婚相談

離婚に悩んでいる看護師の方へ

看護師の方からの離婚の相談は多くあります。
その相談内容は、一般的な夫婦であるような内容から、看護師の方特有の相談もあります。

 

離婚そのものに悩んでいる

一般的に離婚する場合に女性が悩むポイントの一つとして、離婚後の生活のことです。
看護師の方は、収入面での心配はあまりなく、収入面での心配はしなくてもいいでしょう。

もし、離婚後の生活に悩んでいるのであれば、相談にお越しください。
当事務所は看護師の方の離婚を取り扱った経験が豊富にあり、適切なアドバイスをすることが可能です。

 

子どもの親権

収入面での心配はある程度はクリアーできるとして、むしろ、子どもの親権のことが心配だという相談が多くあります。

看護師は、夜勤があるなど、仕事が忙しく、子どもの養育を夫よりもできないのではないか、実際にそのこと夫に責められ、親権を要求されているケースがあります。

親権を判断する要素としては、経済面だけでなく、養育環境が重視されます。
看護師を続けながら、養育環境を整えるために、職場への相談や転職、監護補助者の存在が重要な要素となります。

相手から弱点を突かれないように、準備をしていく必要があります。

 

お金の問題

①財産分与

夫婦の財産は、結婚後に夫婦で築いてきた財産を2分の1でわけます。

看護師の方は、収入が高いことが多く、通常は夫から妻への分与が大半ですが、看護師である妻から分与する場合が生じます。

まず、双方の財産がどれだけあるのかを把握し、特有財産として結婚前の財産がどれだけあるかなども、計算するようにしましょう。

また、看護師の方で夫が医師ということもあります。
この場合は、夫の資産が多いのが通常でしょう。
夫が勤務医か、開業医か、開業医の場合に医療法人になっているかなど、一般的な財産分与の問題以上にポイントが多くあります。

 

②婚姻費用

看護師の場合、別居したとき相手より収入が高いことがあります。
子どもがいるか、子どもをどちらが養育するかによっても差が生じますが、夫から生活費を請求されることがあることに注意が必要です。

 

離婚相談は弁護士法人アイリスへ

看護師の離婚は、一般的な離婚の際に問題になることに加え、看護師の方特有の悩みや問題があります。

弁護士法人アイリスは看護師の離婚についても、多くの実績があります。
まずはご相談されることをおすすめします。

PAGETOP