解決事例

離婚・慰謝料・財産分与に関する解決実績です。

妻の度重なる不貞行為を原因として妻と男性双方に慰謝料の支払いを求めた事案

離婚理由-妻の不貞行為   事案の概要 数年にわたり、複数人の男性と不貞行為に及んでいた妻に対し、離婚・親権・慰謝料を求めた事案   争点 養育費、慰謝料   解決のポイント まず、不貞行為に及んだ複数の男性に対して、慰謝料の支払いを求め、その中でも特に直近の不貞行為の相手方を第三者として調停に巻き込んで、妻と当該男性双方に対して慰謝料の 続きを読む >>

夫のモラルハラスメント、浮気を原因として慰謝料を獲得した事案

離婚理由-夫のモラルハラスメント、不貞行為 事案の概要 長期間別居をした末に、夫のモラルハラスメント・不貞行為を原因として離婚と慰謝料を求めた 争点 婚姻費用、慰謝料 解決のポイント 夫は当初婚姻費用の支払いについても「息子と住んでいるから生活には困っていないはず」と主張して拒み、源泉徴収票の提出も拒んでいました。最終的には、算定表に基づいた相応の婚姻費用を獲得したうえで、 続きを読む >>

夫のモラハラを原因として調停離婚を成立させた事案

性格の不一致、夫のモラルハラスメント 事案の概要 別居を開始したものの夫が離婚に応じず、別居を解消する調停を申し立てられたものの、妻は離婚を求めて争った 争点 離婚、親権、面会交流、婚姻費用、養育費 解決のポイント 妻が夫と話し合いの末別居を開始しましたが、夫が離婚に応じず別居を解消する調停を申し立てました。 調停では、相手方のモラルハラスメントを訴え、調停委員から相 続きを読む >>

夫が子供2人(小学生、幼稚園)の親権を獲得した事例

事案の概要 妻が家事や育児を十分にしないことを理由に夫婦喧嘩が絶えず、夫が妻との生活をこれ以上継続出来ないことを理由に離婚を求めた 争点 親権、面会交流 解決のポイント 夫である依頼者が親権を希望していたため、相手方と別居を開始した直後から親権を取得するためのアドバイスを色々と伝え、実行して頂きました。 相手方も親権を主張したため、協議では終わらず調停になりましたが、面会交 続きを読む >>

早期に離婚したいという依頼者の意向により協議段階から交渉を受任し、早期に離婚することに成功した事例

事案の経緯 性格の不一致が結婚後強くなり、結婚1年で別居に至った。夫は離婚するかをはっきりさせず、会って話をしたいの一点張りで、依頼者から話をすることが困難になった。 争点 夫が離婚の意思がはっきりしないこと、離婚原因が乏しいこと 解決のポイント 協議の早い段階から依頼されたことがポイントでした。依頼者と相手の意思を確認し、夫が何にこだわっているかを明らかにすることで、離婚に向けた話し合 続きを読む >>

調停離婚後未払い養育費の減額と今後の養育費の支払いの免除に成功した事例

示談の概要 夫婦は5年前に調停離婚。その際、夫には弁護士は就いておらず、妻にのみ弁護士が就いていた。調停条項には、夫は「子が大学を卒業するまで」養育費を支払うべきとの条項があった。夫は子の修学状況を知らず22歳になる月に支払いをやめたところ、子がまだ在学中だとして妻より預金の差し押さえがあり、ご相談。養育費の減額を求め調停を申したてた。 争点 調停合意があるときに養育費の減額を求めることがで 続きを読む >>

破産経験がある夫から、弁護士間の交渉により慰謝料と財産分与計500万円を取得し和解離婚した事例

離婚原因:夫の不貞 事案の概要 夫の単身赴任により夫婦は10年以上離れて暮らしている。2年前に夫の不貞が発覚し、婚姻生活が破綻。夫はギャンブルを原因とする借金により1年前に自己破産した。相手方に弁護士が就き、離婚を請求してきた。慰謝料や財産分与を取得できるか。 争点 慰謝料や財産分与を取得できるか。 解決のポイント 相手方に代理人弁護士が就いていたため、何度も弁護士と面談し、相手方の有 続きを読む >>

行方不明の夫に対する離婚が認められ、親権と年金分割を取得した例

離婚原因:生活費を渡さない 事案の経緯 調停不成立後に行方不明となった夫と離婚したい、未成年の子の親権を取りたいとのご依頼。 争点 行方不明となった夫との離婚の方法。 解決のポイント 裁判においては、裁判所から相手に訴状などを送付してから事件が始まります。離婚裁判でも同じです。したがって、相手の住所が分かる必要がありますが、相手が行方不明の場合は、公示送達という方法をとることができます 続きを読む >>

財産分与において財産形成への寄与度が問題となった事例

事案の経緯 いわゆる熟年離婚で、夫が一代で財産を築き上げてきたため、財産分与をどうすべきかが問題となり、相談に来られました。 争点 財産分与の割合 解決のポイント 財産分与は2分の1ずつが原則でそれ以外に修正されることはそれほどありません。 しかし、この事案では夫の才覚に頼るところが大きく、その事実を適切に主張した上、会社関係の資料、証言などを集め、財産分与の割合を2分の1から修正 続きを読む >>

妻が子供を連れて出て行ったが、ネグレクトの疑いがあり、子供を保護した後離婚と親権の取得に成功した事例

子 2人(10歳以下) 事案の経緯 妻が子供2人を連れて突然家を出ていき、どこいるかわわからなくなり、探していたところ、SNSで子供をおいて遊んでいる様子を発見し、早く子供を保護する必要があり、相談に来られました。 争点 子供の保護と、親権者としての適格 解決のポイント 子供の保護は、警察、学校、行政と連携して情報を収集し、保護することに成功しました。 一歩間違えれば子供に重大な 続きを読む >>