私のパートナーはモラハラなの?を判断する一つの基準

1.モラハラとはなにか?

自分がモラハラを受けているのかわからない、または気がついていないという方は多くいます。

これはモラハラの特徴と言っていいでしょう。

そもそも、モラハラとは何かです。

モラハラの例としては

①言葉で相手を傷つける。

②人前で説教をする。

③相手のことを責め続ける。

④相手のことを見下し、否定的な発言をする。

⑤決して謝罪せず、間違いを認めない。

があげられます。

上記のような状況が一般化し、毎日のように繰り返されます。

モラハラを受けている人は、この程度は夫婦ではよくあることで、

自分が我慢しないといけない、

自分が悪い、

といった思考に陥りがちです。

モラハラは、単なる夫婦の関係を超えたものだと認識してください。

モラハラはそれ自体離婚原因となるものです。

 

2.モラハラかを判断する一つの基準

モラハラの具体例は先ほどあげたようなものが多くありますが、全体に共通する要素として、以下のようなものがあります。

①相手を精神的に追い詰めているのにその自覚がなく、自分が正しいと思い込んでいる。

②追い詰められている側が何も悪くない。

この2点が重要なポイントです。

モラハラをする側は、常に自分が正しいと思っています。だからこそ全く話が通じないのです。

一つ一つが大きなことでなくても、それらを積み重ねていくことにより、モラハラを受けている側

を追い詰めていく。そして、ともすれば追い詰められている側は何も悪くないのに自分が悪いので

はと思うようにすらなります。

一歩引いて見てください。

そうすれば、モラハラかどうかの判断ができます。

 

3.別居を検討する

モラハラを受けていることで間違いないと判断された場合は、別居を検討してください。

モラハラは相手に自覚がない分、余計に深刻です。

そのような状況から脱却するには別居をすることが早道です。

別居については以下を参考にしてください。

離婚に向けて別居を検討している方へ