不倫・浮気

財産分与の評価、扶養的財産分与、慰謝料に争いのあった事例

事案の経緯 夫の不貞行為から別居を開始した。 婚姻費用、養育費、慰謝料に争いがあった。   争点 婚姻費用・養育費、慰謝料   解決のポイント 夫の職業が安定せず、婚姻費用、養育費の金額が定まらず、慰謝料の支払いも困難だった。 実際の収入状況を立証し、婚姻費用、養育費の金額を合意し、婚姻費用の未払い分を慰謝料 に解消することにより合意に至 続きを読む >>

離婚後に不貞行為が発覚し、200万円の請求をされ、50万円で示談した事例。

事案の経緯 既婚者と不貞関係にあったが、発覚することなく相手が離婚したが、相手の婚姻中に妊娠しており、不貞行為が離婚後に発覚し、慰謝料を請求された。 争点 不貞行為と離婚の因果関係 解決のポイント 離婚後に不貞行為が発覚し、慰謝料を請求された事案で、不貞があったから離婚したのではありませんでした。 しかし、婚姻中に妊娠まで至っていたのは確かで、相手と再婚していました。事案の特徴からでき 続きを読む >>

不貞行為による慰謝料請求に対し、不貞関係になかったことの主張に成功し、請求が棄却された事例

事案の経緯 家族ぐるみの付き合いのあった男性とメール、LINEのやり取りをしていたところ、その内容に性的なものが多数含まれていたことから、不貞関係にあると裁判を提起された。 争点 不貞関係の立証 解決のポイント 提出されたメール・LINEは膨大な量で、内容には相当に性的なものがあり、不貞関係が立証されてもおかしくない状況でした。 大量の証拠を一つ一つ丁寧に検討、反論を加え、不貞ではない 続きを読む >>

20年以上にわたる不貞関係があり、600万円の慰謝料を請求されたが、200万円で示談した事例

事案の経緯 相手が既婚であることを知りながら、20年以上不貞関係を継続してきた事例で、相手の妻が離婚を機に慰謝料を請求してきた。 争点 不貞関係の期間と慰謝料金額 解決のポイント 不貞関係の長さは慰謝料金額に大きな影響を与える事実です。 本件は高額の慰謝料を認められてもおかしくない事案でしたが、不貞相手の離婚に至った理由が必ずしも不貞だけが原因でないこと等から、交渉により減額をすること 続きを読む >>