【弁護士が解説】妻のホスト通いは不倫?慰謝料は発生する?

1 女性のホスト通いは浮気?不倫?

妻がホストクラブに通っている場合に、浮気、不倫となるのでしょうか?

昔から男性が風俗に通っている場合や、キャバクラに通っている場合などに離婚できるのか、慰謝料が請求できるのかという問題はありました。

2 法的問題

この問題の前提として、①浮気・不倫とは何か?②法的にどのような意味を持つのかを考えておく必要があります。

まず、①浮気・不倫というのは、法律上は「不貞行為」という言い方をします。この不貞行為は、「肉体関係」をいうとされています。肉体関係というのは「性交」をさしますが、性交類似行為も含むと考えられています。

次に、②「不貞行為」に該当するかどうかが、どのような法的意味を持つかですが、

i離婚原因に当たるか、

ii配偶者に対する慰謝料請求ができるか、

iii不貞の相手に対する慰謝料請求ができる、という意味を持つことになります。

個々のケースを見ていきましょう。

3 ホストと肉体関係がある場合

(1)ホストと肉体関係がある場合は、「不貞行為」に該当するといえ、離婚原因となり、離婚請求は認められるでしょう。また、妻に対する慰謝料請求が認められるでしょう。

比較としてですが、男性が風俗に通っている場合に、不貞行為ではないという主張がよくあります。これには肯定否定両説あるところですが、少なくとも離婚原因の一つである「婚姻を継続しがたい重大な事由」には該当し、婚姻関係を破綻させた原因を作り出したとして、夫に対して慰謝料が発生する余地はあると考えられます。

(2)では、ホストに対しての慰謝料請求は認められるでしょうか?
ホストは、業務として女性を歓待する仕事です。仕事の一環だとして、不貞行為ではないという反論は成り立つでしょうか?

そもそも、ホストの業務の内容に女性と肉体関係を持つことが含まれているとは考えにくく、不貞行為に該当すると考えるべきだと思われます。
この点について、裁判例でクラブのママやホステスが枕営業をしたことが不法行為にならないとしたものがあります。先ほど述べたホストの業務と同様、クラブのママやホステスの業務に肉体関係が含まれているとは考えられず、この判決の理由自体に相当な問題があると思われます。仮に影響があるとしても、慰謝料額の話であればともかく、不法行為とならないという結論は正当でないと考えられます。
したがって、ホストに対しても、慰謝料請求はできると考えるべきでしょう。

4 ホストと肉体関係がない場合

ホストクラブに通っていても、ホストと同伴やアフターでのデートをしていても肉体関係がなければ、不貞行為にはあたりません。ホストに対する慰謝料請求は難しいでしょう。
しかし、ケースによっては、肉体関係がなくても、夫婦関係を破綻させ、家庭を崩壊させた場合などには、「婚姻を継続しがたい重大事由」に該当し、離婚の請求をすることができます。
ただ、単に何回かホストクラブに通ったというだけでは、足りません。具体的には以下のような事情が重要です。

★重要な考慮要素
・ホストクラブに通う回数、頻度、時間帯、期間
・ホストクラブに費やした金額、金額の出所
・ホストクラブに通った結果、家庭にどのような影響を与えたか。
・家事育児に与えた影響など

5 ホスト相手でも浮気・不倫になるのか?

ホストと肉体関係があった場合の項目でも記載したように、ホストクラブの業務に肉体関係を持つことが含まれているとは考えられません。
たとえ店に通って遊んでいるだけでも、肉体関係を持った場合はもちろん肉体関係を持っていなくても、離婚理由となり得ます。

 

6 なぜホスト通いがいけないのか?

(1)家族のお金を浪費したことになる

妻が専業主婦である場合は、夫の収入からホストクラブの費用やホストへのプレゼントを買うことになります。

夫側から見れば、自分の収入をホストに使われてしまったと思うでしょう。この場合には夫の怒りはより強くなる傾向があります。

妻が専業主婦ではなく、自分の収入でホストクラブに通っていたとしても、それは夫婦の共有財産からの支出に他ならず、家族のお金をホストクラブに使ったと言えます。夫がきちんと収入から家族の生活費を負担している場合は、より夫の感情を害することになります。

法的に見ると、結婚後に築いた収入は夫婦の共有財産とするのが原則であり、その財産を浪費してしまったということになります。浪費に該当すれば、離婚原因となります。浪費といっても、程度問題でお金を使えばすぐに浪費になるわけではありませんが、収入に見合わない支出になっているのであれば浪費と認められるでしょう。

(2)家庭への悪影響

妻がホストクラブに通うことによって、家庭への影響、特に子供への悪影響があります。

ホストクラブは夜に営業しているのが通常で、妻が夜遅くに出歩くことにより、その間子どもが放っておかれることになってしまいます。子どもの夜ご飯がきちんと作られていなかったり、夜に子どもだけになってしまったり、家族で過ごす時間がなくなったりしてしまいます。

その結果、子どもの心身に悪影響を及ぼすこともあり得ます。そして、夫婦の仲がギスギスすることによる悪影響もあるでしょう。

7 弁護士に相談するメリット

妻がホストクラブに通うようになった結果、夫婦の仲が悪くなり、離婚も視野に入れるようになった場合、多くは当事者間での話し合いができていません。
夫は感情的になり、妻と冷静に話をすることができず、妻側も夫の結婚からこれまでのことをたくさん主張してくるでしょう。そうすると、お互いの主張ばかりが出てきて感情的になるばかりで収集がつかなくなります。

★感情的にならずに方向性を見定めること
感情的になると、自分がどうしたいのか、そのために何をすればいいのかが わからなくなります。
離婚したいのか、離婚したくないのか。

離婚するとすれば何を考えればいいのか。

一つ一つを冷静に考える必要があります。

しかし、感情的になるのは当然のことで、なかなか思考を整理して、冷静に考えることはできません。
問題がどんどん大きくなってしまうこともあります。
弁護士に依頼する最大のメリットは、まずは冷静に考え、自分がどうしたいのかを考えることができます。そして、その上で次の対処を考えることができます。私たちは、ご依頼を受けた依頼者の今後の方向性を検討し、そのためにどうすればいいかを一緒に考えます。
弁護士に依頼することによって、感情的ではない進め方に向かうことができます。

★決まった目的へのサポート
あなたの考えが離婚に決まったとしましょう。

そうすると、相手が離婚についてどう考えているかによって今後の法的手続が変わります。

そのためには、不貞の証拠収集が必要なります。どのようなものが証拠になるのか、また提携の探偵を紹介し、連携を図ることもできます。

またこのようなケースで問題になることが多いのが、親権です。ホストクラブに通い、家庭が蔑ろになった結果、子どもに悪影響が出ている場合などには、子どもの親権を取得したいと相談される方が非常に多くいます。

この親権をどのようにすれば夫が取得できるかは事前にどのような準備をすればいいかを検討し、実行する必要があります。

このように目的に向けたサポートを法的観点から受けることができ、早めに弁護士に相談し、依頼することが大きなメリットになります。

合わせて読みたい
The following two tabs change content below.

弁護士法人アイリス

当サイトをご覧いただきありがとうございます。弁護士法人アイリスは、地元大阪の枚方・茨木の地域密着の事務所です。地域の皆様が相談後に「もっと早く相談に来ればよかった」「これから何をすべきか分かった」と明るく前向きな気持ちになって帰っていただけるよう、気持ちに寄り添うアドバイスを心がけています。お子様がいらっしゃる方、お仕事をされている方、お身体が不自由な方にもお気軽にお越しいただけるような、地域に密着した事務所でありたいとの願いから枚方・茨木に事務所を構えています。 お一人でお悩みを抱えずに、まずはお気軽にご相談ください。

最新記事 by 弁護士法人アイリス (全て見る)