解決事例11-夫が子供2人(小学生、幼稚園)の親権を獲得した事例

依頼者-夫/30代、会社員

相手方-妻/30代、パート

離婚理由-性格の不一致

 

事案の概要

妻が家事や育児を十分にしないことを理由に夫婦喧嘩が絶えず、夫が妻との生活をこれ以上継続出来ないことを理由に離婚を求めた

 

争点

親権、面会交流

 

解決のポイント

夫である依頼者が親権を希望していたため、相手方と別居を開始した直後から親権を取得するためのアドバイスを色々と伝え、実行して頂きました。

相手方も親権を主張したため、協議では終わらず調停になりましたが、面会交流の内容を工夫することで相手方が親権を譲ることを承諾し、最終的には子供が幼いにも関わらず、男性側である夫が親権を取得することが出来ました。

 

「解決事例11-夫が子供2人(小学生、幼稚園)の親権を獲得した事例」の関連記事はこちら

  • 解決事例1‐夫のモラハラで慰謝料400万円を獲得した事例
  • 解決事例2‐行方不明の外国人夫に対する離婚を成立させた事例
  • 解決事例3-財産分与において財産形成への寄与度が問題となった事例
  • 解決事例4-離婚調停と婚姻費用調停を行い、慰謝料と未払い婚姻費用の差押えをした事例
  • 解決事例5-妻が子供を連れて出て行ったが、ネグレクトの疑いがあり、子供を保護した後離婚と親権の取得に成功した事例
  • 解決事例6-財産分与において財産形成への寄与度が問題となった事例
  • 解決事例7-行方不明の夫に対する離婚が認められ、親権と年金分割を取得した例
  • 解決事例8-破産経験がある夫から、弁護士間の交渉により慰謝料と財産分与計500万円を取得し和解離婚した事例
  • 解決事例9-調停離婚後未払い養育費の減額と今後の養育費の支払いの免除に成功した事例
  • 解決事例10-早期に離婚したいという依頼者の意向により協議段階から交渉を受任し、早期に離婚することに成功した事例
  • 解決事例11-夫が子供2人(小学生、幼稚園)の親権を獲得した事例
  • 解決事例12-夫のモラハラを原因として調停離婚を成立させた事案
  • 解決事例13-夫のモラルハラスメント、浮気を原因として慰謝料を獲得した事案
  • 解決事例14-妻の度重なる不貞行為を原因として妻と男性双方に慰謝料の支払いを求めた事案
  • 解決事例15-妻の浮気を原因として離婚を求めた事案
  • 解決事例16-夫のモラハラを原因として別居したうえで離婚を求めた事案
  • PAGETOP