解決事例⑦-行方不明の夫に対する離婚が認められ、親権と年金分割を取得した例

依頼者:妻/40代

相手方:夫/40代

離婚原因:生活費を渡さない

事案の経緯

調停不成立後に行方不明となった夫と離婚したい、未成年の子の親権を取りたいとのご依頼。

争点

行方不明となった夫との離婚の方法。

解決のポイント

裁判においては、裁判所から相手に訴状などを送付してから事件が始まります。離婚裁判でも同じです。したがって、相手の住所が分かる必要がありますが、相手が行方不明の場合は、公示送達という方法をとることができます。

公示送達は相手方に訴状などを送付せずに手続を始められますが、裁判所が認めるための要件をみたす必要があります。本件でも様々な調査を経て裁判所に報告し、公示送達という方法をとることを許可してもらえました。

また、未成年の子は自分の意見を述べることができる年齢だったため、親権を取得するため、子どもから意見を聞き、書面にまとめて裁判所に提出しました。

裁判の結果、「悪意の遺棄」「婚姻を継続しがたい重大な事由」があるとして裁判離婚が認められ、子の親権も、年金分割も認められました。

「解決事例⑦-行方不明の夫に対する離婚が認められ、親権と年金分割を取得した例」の関連記事はこちら

  • 解決事例①‐夫のモラハラで慰謝料400万円を獲得した事例
  • 解決事例②‐行方不明の外国人夫に対する離婚を成立させた事例
  • 解決事例③-財産分与において財産形成への寄与度が問題となった事例
  • 解決事例④-離婚調停と婚姻費用調停を行い、慰謝料と未払い婚姻費用の差押えをした事例
  • 解決事例⑤-妻が子供を連れて出て行ったが、ネグレクトの疑いがあり、子供を保護した後離婚と親権の取得に成功した事例
  • 解決事例⑥-財産分与において財産形成への寄与度が問題となった事例
  • 解決事例⑦-行方不明の夫に対する離婚が認められ、親権と年金分割を取得した例
  • 解決事例⑧-破産経験がある夫から、弁護士間の交渉により慰謝料と財産分与計500万円を取得し和解離婚した事例
  • 解決事例⑨-調停離婚後未払い養育費の減額と今後の養育費の支払いの免除に成功した事例
  • PAGETOP