解決事例⑥-財産分与において財産形成への寄与度が問題となった事例

依頼者:夫/70代

相手方:妻/70代

事案の経緯

いわゆる熟年離婚で、夫が一代で財産を築き上げてきたため、財産分与をどうすべきかが問題となり、相談に来られました。

争点

財産分与の割合

解決のポイント

財産分与は2分の1ずつが原則でそれ以外に修正されることはそれほどありません。

しかし、この事案では夫の才覚に頼るところが大きく、その事実を適切に主張した上、会社関係の資料、証言などを集め、財産分与の割合を2分の1から修正することに成功しました。

「解決事例⑥-財産分与において財産形成への寄与度が問題となった事例」の関連記事はこちら

  • 解決事例①‐夫のモラハラで慰謝料400万円を獲得した事例
  • 解決事例②‐行方不明の外国人夫に対する離婚を成立させた事例
  • 解決事例③-財産分与において財産形成への寄与度が問題となった事例
  • 解決事例④-離婚調停と婚姻費用調停を行い、慰謝料と未払い婚姻費用の差押えをした事例
  • 解決事例⑤-妻が子供を連れて出て行ったが、ネグレクトの疑いがあり、子供を保護した後離婚と親権の取得に成功した事例
  • 解決事例⑥-財産分与において財産形成への寄与度が問題となった事例
  • 解決事例⑦-行方不明の夫に対する離婚が認められ、親権と年金分割を取得した例
  • 解決事例⑧-破産経験がある夫から、弁護士間の交渉により慰謝料と財産分与計500万円を取得し和解離婚した事例
  • 解決事例⑨-調停離婚後未払い養育費の減額と今後の養育費の支払いの免除に成功した事例
  • PAGETOP