解決事例①‐夫のモラハラで慰謝料400万円を獲得した事例

依頼者:妻/30代

相手方:夫/30代

事案の経緯

専業主婦だった妻が結婚後10年近くにわたって夫からモラハラを受け続けたことから、妻としては慰謝料の支払いを受けたうえで離婚をしたいとのご依頼を頂きました。

争点

長年のモラハラを原因とする慰謝料請求とその額

解決のポイント

直ぐに、夫との別居を開始するようご提案。別居後、直ぐに夫に対し離婚調停と婚姻費用分担調停を申し立てました。

当初夫はモラハラを否定し、復縁を希望していました。そこで、どれだけ酷いモラハラを受けてきたのかを丁寧に調停委員に説明し、妻側の気持ちと離婚に向けた決意をご理解いただき、夫側に辛抱強く説得をしてもらうことで、モラハラの事例としては極めて高額の慰謝料を獲得したうえで調停離婚を成立させることが出来ました。

 

「解決事例①‐夫のモラハラで慰謝料400万円を獲得した事例」の関連記事はこちら

  • 解決事例①‐夫のモラハラで慰謝料400万円を獲得した事例
  • 解決事例②‐行方不明の外国人夫に対する離婚を成立させた事例
  • 解決事例③-財産分与において財産形成への寄与度が問題となった事例
  • 解決事例④-離婚調停と婚姻費用調停を行い、慰謝料と未払い婚姻費用の差押えをした事例
  • 解決事例⑤-妻が子供を連れて出て行ったが、ネグレクトの疑いがあり、子供を保護した後離婚と親権の取得に成功した事例
  • 解決事例⑥-財産分与において財産形成への寄与度が問題となった事例
  • 解決事例⑦-行方不明の夫に対する離婚が認められ、親権と年金分割を取得した例
  • 解決事例⑧-破産経験がある夫から、弁護士間の交渉により慰謝料と財産分与計500万円を取得し和解離婚した事例
  • 解決事例⑨-調停離婚後未払い養育費の減額と今後の養育費の支払いの免除に成功した事例
  • PAGETOP